努力で習得可能


    学生時代に英語が不得意であるから、純日本人だからなどはビジネス英語にとっては何も関係がないと言えます。何故なら英語は勉強方法と努力次第で習得が可能であるからです。まずは努力をしてみるべきです。

Read more

文法と単語量


    TOEIC対策において大事なのは、文法を正しく知っていること。そして、どれだけの単語を知っているかということです。それによってきちんとした英語を深く身につけることが出来るようになるからです。

Read more

単語力が重要


    TOEFL対策を行うにあたって必要なのは、単語力を高めることです。文法の理解はある程度している段階で高みに登ろうと思えば、成長の前提となる引き出し、すなわち単語力は必須の知識です。

Read more

役立つ資格


    役立つ英語の資格といえばTOEICになります。就職活動や転職活動の際に募集要項に英語が出来る方とある場合、この資格さえかざせば万事OKです。決して簡単ではありませんですし、合格には基礎や応用が出来るレベルの英語力が必要です。

Read more

外国人に教える

歓迎と書かれた黒板

外国人に日本語を教える日本語教師という職業は、最近知られてきましたが、どのような知識が必要なのか、どうしたら日本語教師になれるのかということは、まだまだ知られていません。日本人なら誰でも日本語を教えられる、とか、外国人に教えるのだから英語が話せないといけない、などと思っている人が多いのが実情ですが、実際は違います。日本語学校で日本語を学習している外国人のほとんどは、日本の大学に進学するために日本に来ています。日本の大学入試に合格し、大学での講義を理解し、議論し、論文を書けるレベルの高度な日本語を必要としているのです。日本語教師はそのような高度な日本語を教えられるだけの知識、スキルが必要なのです。そのための講座が、日本語学校や資格取得のためのスクールで行っている日本語教師養成講座です。

日本語教師になるためには、専門の大学を卒業する以外に、日本語教育能力検定試験という試験に合格するか、日本語教師養成講座で420時間以上の教育を修了しているか、のいずれかの要件が必要になります。日本語教師になるための講座は色々なスクールで実施していますが、それらすべてが修了と同時に資格が得られるものではありません。資格が得られるかどうかは、420時間以上の教育として認められているかどうかということです。この点は、受講する前に必ず確認が必要です。日本語学校で実施している養成講座には、実技科目が含まれることが多いです。実際に日本語学校で教育実習をすることもあります。日本語学校に就職する時には、面接の他に模擬授業をすることも多いので、養成講座で実技を学んでおくと就職の際にも役に立つでしょう。