役立つ資格

黒板

TOEICは様々なところで評価されている英語の資格の1つだと言うことができます。 就職活動や転職活動の際には、求人に応募する際の、応募条件として設定されていることも多く、また、点数が設定されていないような場合でも良いスコアを持っていれば、評価されることが多いです。 このようなTOIECテストですが、既に何度も行われているため、傾向がある程度決まっているテストだと言うことができます。 そのため、TOEICで良いスコアをとるためには、基本的な英語力を上げるということは勿論、必要だと言えるのですが、それ以外にも、テストの傾向自体にあわせたTOEIC対策をしっかりと行っておく必要があると言うことができます。

例えば、TOIECテストでは、リスニングとリーディングの試験があります。 リスニングやリーディングの問題を解くには、単語を覚えたり日常的に英語を聴いたりする必要もありますが、TOEICの場合、リスニングではこの部分を重点的に聞いておいた方が良いとか、この単語だけでも、聞き取れればある程度解けるという傾向があります。 リーディングの場合も、こういった形式の問題の場合は、この辺りの文章を読んでおくと良いというような傾向があります。 これらの傾向はTOEIC対策の本を読めば、TOEIC対策の基本のような形で紹介されているので、TOEICを受ける際には、英語自体の勉強は勿論のこと、TOEIC対策そのものもする必要があります。