文法と単語量

本とペン

英語のスキルを上げたいならば、TOEIC対策を行えば正しい英語知識を身に着けることができるようになります。TOEIC対策を行っておけば、ビジネスシーンで活用する事ができる単語や文章の書き方を勉強する事ができます。しかし、文法に関しては高校英語の内容を正しく理解する事ができていれば対処することができるので、特別な学習をする必要はありません。大学受験を経験している人であれば、学生時代に必ず見聞きしたことのあるような文法表現が使用されています。その時の知識を思い起こしながらTOEIC対策を行うようにすれば効率的です。記憶が内容であれば、中学レベルからの英文法を再学習して正しい知識を習得する事が必要になります。

TOEIC対策を行うには、文法の知識が必要になることと、もう一点単語を覚えることが重要になります。単語の数が少なければ、文法を理解する事ができても内容を理解する事はできません。これは英会話でも同じことが言えますが、単語が分からなければ会話の内容を理解する事ができないのでボキャブラリを増やすことが重要な作業となります。特にTOEICの場合は、ビジネスシーンで使われるような単語が多用されます。会計や営業、経営に関するような言葉が出てくるので、その都度覚えるようにすると効率的です。それらの言葉は、頻繁に出てくる可能性が高くなるので一度出てきたものをその場で覚えるように努力をすると単語量が自然と増えていきます。